バイナリーオプションのオプションとは

バイナリーオプションのルールは極めて控えめで、判定時にレートが如何になっているかを「2択で見当するだけ」というものです
判定時については、国内エキスパートでは金融庁の規制もあり、普通に2時刻みで一日10〜11回程度の判定時が設けられている事がそんなにです。トレーダーは現時点で開催されている回の中で、残り時に組み合わせて変化する掛け金を払う事で予見に参加する事ができます。バイナリーオプションでは、大きく上述の3つの種類の取引があり、エキスパートによって取引できるな種類が異なります。最もメジャーな取引がレベル値段よりも上か下かを予想する「ラダーオプション」であり、全くのエキスパートではこの「ラダーオプション」を主要とした取引ができるです。あらかじめ規格プライスが設定され、2時後の判定時に実のところのレートが規格プライスよりも上か下かを予想する取引です。

判定時までの残り時が少なくなった瞬間で実のところレートがスタンダードプライスよりも大きく離れている時等では予見しやすいですが、普通に残り時が少なくなるにつれ掛け金の額が上がっていくため、儲けを大きくするためには予想が困難な残り時が多々ある機会で参加する不可欠があります。判定時という「ピン秘訣な機会のレートを見当する」という点で困難なさがあります。「レンジオプション」「ワンタッチオプション」については、取引できるなプロが限定しれますので、プロ選択しのときには前もってに見極めしておく必須があります。2時後の判定時に実のところのレートがあらかじめ設定された2つの水準費用の範囲内に納まるか如何にかを予見する取引です。

「レンジオプション」ではスタンダード費用が2つあるため、一見「ラダーオプション」よりも敷居が高いように思われますが、設定されるスタンダードプライスの奥行きによってはむしろ予想しやすい事例も多々あるというのがポイントです。しかしながら、「ラダーオプション」同じく、判定時という「ピン着目点な時期のレートを見当する」という点での困難なさは変化しません。らかじめレベルプライスが設定され、2時後の判定時に実のところのレートが水準プライスよりも上か下かを見当する取引です。判定時までの残り時が少なくなった瞬間で実のところレートがレベル値段よりも大きく離れている時等では予想しやすいですが、普通に残り時が少なくなるにつれ掛け金の額が上がっていくため、儲けを大きくするためには予見が困難な残り時が多々ある瞬間で参加する必須があります。

 

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です