ギャンブルと違ってゼロになる訳ではない

投資をすれば、お金を増やすことは可能です。ただし多くの投資商品にはリスクもあり、株などで短期的に多くのお金を失う可能性はありますから、注意が必要です。とは言っても、資金がゼロになる訳でもありません。 投資は資金が減る可能性がある 確かに投資にはリスクはあります。例えば、ある時に3,000円の銘柄の株券に注目してみて、買いの注文をしました。今後は株価が上昇する可能性があると予想したからです。ひとまず1,000枚だけ株券を買いました。 ところが予想が外れてしまい、株価は2,500円になりました。この時点で、50万円の含み損が発生する訳です。3,000円の時点で1,000買えば、300万円になるでしょう。それが250万円になってしまえば、差し引き50万円になります。投資商品には、総じてこのようなリスクがある訳です。 それだけに、株などの投資はギャンブルと比較される事もあります。確かに競馬やパチンコなどのギャンブルでも、お金は増やせるでしょう。もちろんギャンブルにもリスクはありますから、注意が必要です。 負けるとお金がゼロになってしまうギャンブル ところでギャンブルは、投資とは決定的に異なる点もあります。お金を賭けた後には、資金が一気にゼロになる実例もあるのです。 例えば馬券です。もちろん自分が賭けた馬が勝利してくれれば、お金を増やすことはできます。指定のオッズなどでお金を増やす事はできますから、競馬に興味を持っている方も少なくありません。 ただし、賭けた馬は「必ず」勝ってくれるとは限りません。何らかの理由により、負けてしまう事もあります。競馬の場合、負ければ賭け金は全て没収になってしまうのです。上述のように300万円も賭けて負ければ、ゼロになります。 資金ゼロにならないメリット ところがFXや株などの投資商品の場合、お金がゼロになる訳でもありません。上記のように300万円ぐらい買った後に株価が下がっても、資金はゼロにはなっていないでしょう。あくまでも50万円の含み損であり、300万円の損失ではないのです。 しかも投資の場合、やり方によっては損失額を減らすこともできます。事前に逆指値の注文を入れておけば、50万円などでなく20万円程度の損失にすることも可能なのです。 すなわち、それが投資のメリットの1つになります。やり方によっては損失を一定程度押さえられるメリットは大きいですし、ギャンブルでなく投資でお金を増やそうと感がている方も多いです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です