単なるお小遣い稼ぎではない副業

副業を行うにあたっても、自らが蓄積してきたスキルをうまく活用し、地域貢献等でそのスキルを生かすスキームがあります。そのスキームを知識として知っておくだけでも、自分自身のスキルアップにもつながるし、事業者にとっても非常に貢献することができます。 今からお勧めしたいのは地域の企業に自らのスキルをいかにPRし、例えば自分自身が規制をしたついでに地元の企業に貢献し、副業として収入を得るビジネスです。 誰もが自分自身のスキルを地元に貢献したいと考える事はあると思います。そんな時にUターンで転職を行うことが難しい、しかしながら副業として貢献できるのであればぜひとも何か恩返ししたいと言う場合にぴったりの仕事になります。 地域の商工会議所や自治体が中心となり、NPO法人を立ち上げていますが、そこで足りない人材を正社員ではなく、副業としてスキルのあるビジネスマンを求人に出し、そこに応じる形でビジネスマンが求人に応じると言うことになります。 具体的にどのような求人があるのか上げていきたいと思います。例えば地域の建築物をいかにうまく活用していくか、そのプランニングからプロデュースまでを企業のノウハウを生かして実現できないかといった副業の募集。または新しい工場を建設するにあたりどのような生産体制を構築すべきか企画立案してもらう副業。要するに企画業務として、企業で培ったノウハウを現場で生かしてほしいというのが実態になります。 結果的に地元としては正社員で雇用して人件費が工場的に必要になるのではなく立ち上げ期だけ、イニシャルとして捻出すれば済みます。そしてビジネスマンとしては、自分自身のスキルを地元に恩返しで活用する、または将来的に自分自身が新たなビジネスを展開していく際のテストケースとしてこのようなモデルを活用すると言うメリットがあります。要するにお互いがメリットがあるからこそ成り立つビジネスモデルなのです。 もちろん、期間も含めて、勤務先には副業の申請を行い、場合によっては長期間で収入が増える場合には確定申告の手配も行う必要があるかもしれません。しかしながら自分自身がスキルをうまく生かし、それを伸ばしていこうと考えれば必要なスキームだと言えるでしょう。  副業を行う際に、単純にネット副業でお小遣いを稼ごうと言う考え方ではなくこのような知識を持って副業を考えればさらに新たな展開が見込めるのではないかと思います。