スマホの副業がお小遣い程度の収入にしかならない理由

スマホを使用した副業が何故お小遣い程度の収入にしかならないのかについての問題ですが、スマホで可能としているお仕事の主なお仕事がアンケートや覆面調査員への応募の他、お小遣いサイトの利用にネットショップの経営などです。これらのお仕事は2020年や2021年において口コミでも取り上げられていた物ですが、多くはお小遣い程度にしかならないという意見が多いです。

何故なら、資格を必要とするお仕事や資格は必要ではないが経験を伴うお仕事においては、インターネット上でスマホでお仕事することが出来る物を公開した場合、インターネットサイトの情報を見た人物が事業を失敗または副業に失敗した場合、責任のあり処と言う物が存在するため簡単なお仕事しかあまり記載が無いのです。

しかもスマホは構造上、パソコンとは異なり、一度に大量の文字を打つには時間を有します。ですので、プログラミングなどのたくさんの文字を一度に打ち込む必要性があるお仕事に用いることは苦手なのです。これがタブレットであれば一応、液晶画面が大きいのでパソコンと同じような感じで文字を入力可能ですが、スマホは液晶がノートパソコンなどよりも小さいのでプログラミングには向いてないのです。

逆を言えば、スマホは短時間で仕事を終えることが主である副業しか参加し難い端末であるため実際にやってみるとお小遣い程度の収入にしかならないのです。もちろん手段を択ばなければ高額で報酬を得ることが出来る仕事と言う物も存在していますが、問題は手段を択ばない仕事というのは副業で手を出すにはリスクが多すぎるのです。所謂反社会的なお仕事だったり法律に触れる可能性があるお仕事をスマホから請け負い依頼を受けると言う形になる為、普通の一般的に知られていて表だって堂々とできるお仕事ではない仕事を請け負うという意味です。

要は、犯罪目的若しくは、犯罪すれすれの仕事でもスマホ向けのサイトに登録しておけば管理者が気づかない限り、応募者を募ることが出来るため、パソコン向けのサイトと比較すればまだセキュリティ対策などで弾かれてしまうことも無いが故スマホでは、怪しいビジネスが多いのです。

リスクがある物は高時給ではあるが、問題は法律に触れるが故、難しく、どうしても高い能力を必要とする仕事以外はお小遣い程度の収入にしかならないという問題はある意味仕方がないことであると踏んで仕事をするのが望ましいスマホでの副業となります。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA